アラサー隠居

都心のサラリーマンから田舎の山麓に住む「隠居」に転身したアラサー男が、孤独な生活や持病のIBS(過敏性腸症候群)にちなむ体験談、本などを紹介します。

無職初の住民税 カード払いで1,500円分のポイント獲得

 前年の収入から計算される住民税。6月中旬、現在は無職の私にも前住居地から住民税決定通知書が届いた。会社員時代は給与天引きだったので、直接納める「普通徴収」の通知書を見るのは初めてだ。金額は24万3,600円。ある程度の想定はしていたが、やはり高い。

 

 実は、以前の記事(無職でも作れた「Visa LINE Payクレジットカード」)で新しいクレジットカードを作ったのは、せっかく高い税金を支払うので、ポイント制度を有効活用したいと思ったからだ。結果、1回目の請求金額6万3,600円をLINE Pay経由でカード決済したところ、0.5%(318円)のポイント還元が得られた。お菓子代くらいにしかならないが、残りの金額6万円×3回を別のアプリ「モバイルレジ」(NTTデータ)経由で決済すれば、1回目と合わせて合計1,503円の還元が得られる計算になる。

 

f:id:kizenarui:20210630170819j:plain

記念すべき普通徴収の初体験は24万3,600円

 

 

そもそも無職1年目の住民税はいくら?いつ支払う?

 計算式は複雑なので下手に言及するのを避けるが、2020年の額面年収が約500万円だった私の税額は24万3,600円だった。年収の約5%ということになる。

 

 住民税率は全国一律「10%」に設定されているが、これは額面年収に直接10%を掛けるわけではなくて、各種控除によって圧縮された「課税標準額」に掛ける。私の場合、控除額は給与所得控除約144万円、社保控除約70万円、生命保険控除4万円、地震保険控除約1,000円、基礎控除43万円で合計約260万円。この額を額面年収約500万円から引いた課税標準額は約240万円だった。実際にはさらに調整控除などが存在するが、この約240万円に10%を掛けると24万3,600円という税額が仕上がる。

 

 数十万円の一括払いを要求するほど、国は野暮ではない。通知書が届いた時点で、納付書は4分割されている。私の場合は1回目の請求が63,600円で、納付期限は6月30日。2〜4回目がそれぞれ、ぴったり6万円で、期限はそれぞれ8月31日、11月1日、2022年1月31日だった。万円未満の端数は1回目の請求に寄せるらしい。

 

f:id:kizenarui:20210630171921j:plain

「慈悲」。それは税金の一括納付を求めないことを表す言葉。

 

 納付方法は、金融機関やコンビニの窓口だけでなく、当該自治体ではスマートフォンアプリ「モバイルレジ」、LINE Pay、PayPayでの支払いに対応していた。

 

 モバイルレジとLINE Payの「チャージ&ペイ」はどっちがお得?

 Visa LINE Payクレジットカード(以下、LINE Payカード)を使ってLINEポイントを獲得する方法は、モバイルレジ経由とLINE Pay経由の2通りある。どちらも決定通知書に同梱されている納付書に記載されたバーコードをアプリで読み取れば簡単に決済できる。ただ、どちらのアプリを経由するかによって、発生するポイントや手数料が異なる。

 

 モバイルレジを通じて同カードを使用した場合、通常の買い物などと同じく決済金額の2%のLINEポイント(1ポイント=1円)が得られる。ただ、税金の場合は「ポイント還元の対象は5万円まで」という制限がある。さらに、決済金額に応じて発生する手数料には上限がない。つまり、決済金額の5万円を超える分が大きくなるほど、還元ポイントは1,000円分(5万円×0.2%)から増えないのに対して手数料は増えるので、ポイントと手数料を差し引きした実質的な還元額は減少する。

 

f:id:kizenarui:20210630172247j:plain

モバイルレジでカード決済する場合の手数料の説明(都内某区の場合、2021年6月29日時点)

 

 一方、LINE Payによる支払い。「チャージ&ペイ」とは、LINE Payの残高からではなく、アプリと紐づけた三井住友カード(LINE Payカードを含む)から決済する方法だ。ポイント還元率は0.5%と前述の方法より低いものの、税金でも還元対象金額に上限はない。しかも、手数料はかからない。

 

 1回目の請求金額63,600円を支払う場合、どちらの方法がお得なのか。モバイルレジ経由の場合、ポイント還元は1,000円分で、手数料は715円。実質還元額は285円となる。LINE Pay経由の場合、ポイント還元は318円分で、手数料は0円。実質還元額は318円となり、モバイルレジ経由を33円上回る。

 

f:id:kizenarui:20210630173754p:plain

 

 決済金額に応じたモバイルレジの手数料は、6万円と6万0,001円の間で変わる。まさに、この1円の差が、どちらがお得かの境目となる。

 

 2回目以降の請求金額である6万円を支払う場合、モバイルレジ経由の場合の実質還元額は395円。LINE Pay経由では300円だから、モバイルレジ経由が95円もお得ということになる。仮に決済金額が6万0,001円になれば、実質還元額はモバイルレジ経由が285円、LINE Pay経由が300円となり、大小が逆転する。決済金額が大きくなるほど、この差は顕著になる。

 

f:id:kizenarui:20210630174317p:plain

 

 よりお得な方法を選んで、1回目の63,600円をLINE Pay経由、2〜4回目の6万円をモバイルレジ経由で支払った場合の実質還元額は318円+395円×3回で合計1,503円。大した金額ではないが、無収入の無職にとってはありがたい。

 

ぐんま百名山で最も低い「庚申山」を登ってみた

 「ぐんま百名山」で最も低い藤岡市の庚申山(こうしんやま、標高189m)を登ってきた。「登る」と言っても、私は標高約400mの場所に住んでいるので、その2分の1ほどの高さだ。しかし林の中をジグザグに抜ける登山道などが、しっかりとした「山感」を醸し出していて、トレイルランの練習でも使えそうだと感じた。

 

f:id:kizenarui:20210628103144j:plain

低くても充分な「山感」


 山頂に至る「男坂」というのがある。311の石段からなる急峻な階段だ。これが階下から見上げるのと、階上から見下ろすのとではまるで雰囲気が違った。

 

f:id:kizenarui:20210628103213p:plain

(左)下から見上げた男坂 (右)上から見下ろした男坂

 下から見上げた時。開けた山頂の光に続く「希望の階段」という感じ。神々しくさえある。一方で、上から見下ろした時。深い闇に下りていく「絶望の階段」という感じ。草木や石段の色が妙に重々しく、不気味な雰囲気を醸し出す。

 

 天国地獄とあるように、昔から天の光は希望、地の闇は絶望の象徴として語られるが、それにしても、同じ石段の道でここまで見え方が違うのは面白い。トンネルのように連なる背の高い木が影をつくり、山頂の光とのコントラストを演出するからだろう。木がなければ石段全体が光にさらされるので、上下からの見え方の差は大分、縮まるように思う。

 

 ちなみに庚申山の「庚申」は、60パターンある「六十干支」の57番目。暦上、「庚申の日」は60日に一度の周期でやってくる。この日の夜に眠ると人の体内に住んでいる虫が、神様にその人の悪事をチクりに行き、罰として寿命を縮められてしまうという迷信があったのだとか。そのため、庚申の日に徹夜をして虫の報告を阻止する「庚申信仰」というのがあったらしい。地元住民が酒や食べ物を持ち寄った徹夜の集会を3年18回も継続した上で立てる石碑「庚申塔」は全国各所に見られ、男坂の脇にも確認できる。

 

 というのはネットで少し調べて得た知識なので、キチンと理解できているかは怪しい。それにしても、神様への報告を恐れて悪事を「しない」のではなく、人間が大なり小なり罪を背負う生き物であることを前提に隠蔽工作をはかるとは、潔い。迷信は、2カ月に一回のオールナイトパーティーの口実ともとれなくはない。仮に古人が庚申山の山頂で宴会を開いていたとすれば、上りの男坂は、酒とご馳走が待つ会場に続く明るい道。下りの男坂は、飲み過ぎた酒と寝不足で重い頭を抱えた暗い道となり、まさにその雰囲気と合致する。

 

f:id:kizenarui:20210628103221j:plain

山頂にある看板

 

 なお、県境の栃木県側には別の「庚申山」がある。こちらは「こうしんやま」ではなく「こうしんざん」と読み、標高は1,892m。群馬の「こうしんやま」のちょうど10倍ある。

群馬県のワクチン集団接種は1週間前の深夜〜早朝だと予約しやすい

 群馬県の小さな町にも、コロナワクチン集団接種の案内が届いた。郵便を確認した6月26日(土)の19時20分ごろに早速、LINEで予約を試みたが、「この会場(Gメッセ群馬)の予約は全て埋まりました。前の質問に戻って別の会場をご選択いただくか...」との表示。この説明は少し不親切で、予約希望者の誤解を招くのではないかと思った。

 

f:id:kizenarui:20210627070705p:plain

 6月26日時点で、18〜64歳で「基礎疾患なし」の一般人が予約できる「別の会場」はないはず。そして「予約は全て埋まりました」とあるが、対象期間が明示されていない。「全て」という言葉を文面のまま受け取れば、この先ずっと、予約いっぱいである印象を受ける。

 

 LINE上で説明はないが、同県のウェブサイト(群馬県 - 県央ワクチン接種センター)によると、予約可能なのは申込日の「翌日から1週間先まで」。つまり、6月26日時点で予約システムが空き状況を参照したのは6月27日(日)〜7月3日(土)の7日間に限定される。日付が6月27日(日)に変われば新たに7月4日(日)の予約が可能になるため、深夜〜早朝の早い時間に申し込めば、予約を確保できる可能性が高い。

 

f:id:kizenarui:20210627072210p:plain

 

 実際に6月27日の午前4時5分に試したところ、7月4日に431枠の空きが確認できた。1日の正確なキャパシティはわからないが、同県によれば「(当面は)1日あたり1,000~3,000人」。午前4時時点で残り枠が400強ということは、午前0〜4時の間に、相当な人数の申し込みがあったのだろう。

 

f:id:kizenarui:20210627074501p:plain

 ちなみに私は「エブリデイ休日」の無職。勤め人の希望が集中しそうな土日は避けたほうが良いと思って、実際に予約は入れなかった。そもそも、暇人が他の希望者を押しのけてまで接種すべきだろうかと、そういう後ろめたさがある。なので少し様子を見たい。

 

※追記

 7月1日、群馬県の公式LINEにて、太田市の集団接種開始の案内とあわせて「1週間先の日程まで予約できる」ことと「日ごとに予約枠が追加になる」旨の記載がありました。

f:id:kizenarui:20210702104935p:plain

 

無職でも作れた「Visa LINE Payクレジットカード」

f:id:kizenarui:20210625080821j:plain

Visa LINE Payクレジットカードは無職の味方?


 先日の記事(隠居の生活費は現状で月11万円程度)で家計を見直していたら、メインで使うクレジットカードについても再考が必要だと感じた。これまではマイルを貯めるのを目的に、1,650円の年会費を払って三井住友カードの「ANAカード」を使っていたが、現状の生活スタイルでは飛行機を使う予定がないからだ。

 

 そこで新たに気になったのが、同じ三井住友カードが発行する「Visa LINE Payクレジットカード」。決済金額の2%が、LINE Payで使えるLINEポイントで還元される。LINE Payはコンビニなどの小売店で利用できるから、食料品や生活用品の出費を浮かすことが可能だ。年会費は初年度無料で、年1回でも利用があれば翌年度以降も無料になる。

 

 しかし、今のように「無職」という肩書きでクレジットカードを新規発行できるのだろうか。結果を言えば、正直に「無職」「年収0万円」で申請したところ審査が通った。ただ、私は前述のように以前から別種の三井住友カードを使っており、延滞歴はない。それが影響した可能性はある。

 

f:id:kizenarui:20210625071023p:plain
 

 審査結果の通知は、申し込みの翌日に届いた。早い。カードの現物は申し込みからちょうど一週間後に到着した。

 

f:id:kizenarui:20210625072225p:plain


 申し込み画面。「個人事業主」と偽ることもできたが、正直に「無職」「年収0万円」と申告した。

 

 また、申し込み時の入力で、キャッシュサービスは「入会後検討」、リボ払いは「申し込まない(原則1回払い)」を選択した。どちらも使う予定がないからだ。これも審査通過に有利に作用した可能性がある。

 

 サラリーマン時代、巷にあふれるポイントサービスはまどろっこしく感じて、積極的に利用していなかった。しかし無収入の無職となれば、日々の出費を少しでも効率化したい。コンビニなどで度々問われる「ポイントカード持ってますか?」のセリフ。今までかたくなにスルーしてきたが、いよいよその時が来たのだろうか。

 

田舎道を歩行者同士ですれ違う気まずさは好意に変わる?

f:id:kizenarui:20210615221759j:plain

 

 田舎の生活道路では、歩行者同士がすれ違う時に気まずい空気が流れる。都市部と違って歩行者がめったにいないので、大抵の場合は自分と相手が「1対1」の関係になり、妙に意識するからだ。

 

 私のような小心者の場合、数百メートル向こうから人が見えた途端、あれこれと考え始める。「すれ違うときに挨拶した方がよいのだろうか?」。挨拶は、まず「目を合わせる」という行為から始まる。その最適なタイミングはいつか?数百メートル先から相手を直視しながら近づくわけにはいかないし、すれ違う直前まであさっての方向を見つめてみるのも、妙にわざとらしい。どうすれば自然で、さりげなく、スマートにすれ違えるのか。そんなことばかり考えてしまう。

 

 「車社会」と呼ばれる地域で車を持たない生活をしているのは、運転免許を取得できない17歳以下の小中高生、免許を返納した高齢者、外国人労働者。それから、車がなければいっぱしの成人とみなされにくい社会にあって、車も持たず、働きもせず、のんべんだらりと暮らす隠居くらいだろう。小中高生や外国人労働者は、自転車で集団で疾走しているイメージが強い。私が住む地域で道を歩いているのは、もっぱら高齢者だ。

 

 夕方、私は山を10分程歩いてくだった場所にあるコンビニに買い物にいくことが多い。するといつも、同じような時間に同じ道を歩く高齢者が2人いる。

 

 一人は、70代くらいの愛想のよいおばあさん。私が「こんにちわ」と言えば「こんにちわ」と笑顔で返してくれる。ある時は、野外でも律儀にマスクをしている私を見て「マスク忘れちゃった」と小走りで去っていった。そういうお茶目な人だ。

 

 もう一人は、70代くらいのおじいさん。この年代の人にしては結構背が高く、痩せ型でスラリとして、渋い顔をしている。私と同じように夕刻のコンビニでの買い物を習慣にしているらしく、手ぶらで山をくだり、レジ袋とともに山をのぼっていく。

 

 このおじいさんが、恐らく私以上に人見知りだ。私との距離が縮まると、彼はいつも、立ち止まって路傍の草をじっと見ていた。それが綺麗な花などであれば、本当にそれに夢中になっているのかもしれない。しかし彼は時に、何もない空き地を眺めて、私と顔を合わせないよう努めているみたいだった。

 

 語尾を過去形にしたのは、私が引っ越してきてから1カ月半くらい経って、このおじいさんの様子が変わってきたからだ。私が軽く会釈をすると、軽い会釈を返してくれるようになった。私が遠慮気味に、マスクのなかでモゴモゴとした「んちわ〜」という低い声を発すれば、それ以上に低い声で「ん〜」と返してくれるようになった。

 

 確か外国人が書いた有名な本に書いてあったと思うが、人はたとえ会話を交わしたりしなくても、「頻繁に見かける人」に好意を抱くらしい。山麓を歩く謎の若者を何度も何度も見かけることで、無口で気難しそうなおじいさんの心が少しずつ、開けてきたのだろうか。

 

 私は、この記事を書いている時点で車の購入を決めている。車があれば、買い物は徒歩圏内から外れたスーパーで済ませて、歩いてコンビニに行く機会はほぼなくなるだろう。車社会における「いっぱしの成人」に近づくわけだが、それは山麓徒歩派コミュニティからの卒業も意味する。

 

 でもたまには夕方の散歩がてら、のんびり歩いてコンビニに行くのも良いかもしれない。愛想のよいおばあさんと無口なおじいさんに「そういや、こんなやついたな」と思い出してもらえるくらいの頻度で。

隠居の生活費は現状で月11万円程度

2021年4月から隠居を始めて2カ月以上が経過しました。4,5月の生活費(家賃込み・税金は含まない)はそれぞれ約11万円でした。

隠居を構想した時点で想定していた出費額「月10万〜12万円」の範囲内に収まっています。ただ、「20代で隠居: 週休5日の快適生活」の著者である大原扁理さんが同著で語るところによると、彼の生活費は月7万円程度。大原さんの家賃(約3万円)と私の家賃(約4万6,000円)に約1万6,000円の差があることを考慮しても、家賃以外の部分(大原さんは約4万円、私は約6万4,000円)で約2万4,000円の差があるので、節約の余地はありそうです。

自分自身の家計を見直す意味で、その内訳を振り返ってみます。

f:id:kizenarui:20210613204033p:plain:h480
家計簿アプリ「マネーフォワードME」に反映された4月の収支。収入は分割して振り込まれる退職金など

生活費の内訳と詳細

4月 5月
家賃 45,900 45,900
食費 21,194 22,756
通信費 8,635 8,630
日用品 7,990 11,232
交際費 6,240 5,194
趣味 5,933 4,810
水道光熱 5,031 8,352
教養・教育 4,401 3,491
交通費 0 720
その他 2,540 4,035
合計 ¥107,864 ¥115,120


【食費】
 最寄りのスーパーが自宅から約2.5km離れており、車を持たない私にとっての交通手段はもっぱらランニングかロードバイク。平地であれば片道2.5kmなんて大したことないのですが、いかんせん山麓のため勾配がきついので、スーパーへの往復はもはやスポーツとなります。食品の値段は高いものの、徒歩圏内のコンビニに頼りがちになってしまいました。
 また、お酒は大した量を飲んでいないのですが、どうも体調に影響が出ている気がするので、6月から酒量を減らすことにしました。「コンビニでの買い物」と「お酒」の2つを減らせば月2万円以内におさめることは十分に可能だと思います。


【通信費】
 電話・通信用としてUQ mobileスマホ(通話料で変動するが月約3,800円)と、自宅用の回線としてUQ WiMAXのポケットWiFi(月4,821円)を併用しています。電話については、友人・家族との連絡はLINEが中心になったとはいえ、対外との連絡になんだかんだ使うので残そうと思います。
 ポケットWiFiは、「引っ越しのたびに固定回線を敷くのが面倒」という理由でサラリーマン時代から自宅で使っているものです。ただ、回線速度の安定性がいまいちな上、料金も安くないので、スマホにも通信機能があることを考慮しつつ見直そうと思います(と、前から思いつつ面倒で先のばしにしている)。


【日用品】
 固定でかかるのが、コンタクトレンズ(1 day使い捨て)の費用。毎月定期的に買うわけではありませんが、月額換算で約3,000円です。使い捨てにしなければコストカットできると思いますが、ズボラな自分にとっては、どこでも簡単につけ外しができて、洗浄の手間がない1 dayが性に合っていると感じます。
 イレギュラーな出費としては、引っ越し直後の4月はスリッパなど、こまごまとした日用品を買いました。5月は約6,800円の簡易なベッドフレームを買っています。


【交際費】
 家族や知人が来た際に見栄を張って用意したお土産代のほか、母の日や誕生日のプレゼント代を計上しています。そんなに大した金額ではありませんし、周囲に心配をかけないためにも、あまりケチるところではないと思っています。


【趣味】
 楽器関係の消耗品や、リモートライブのチケット代、映画のレンタル代などを計上しています。
 月990円のNETFLIXは、この記事を書きながら思い出して契約解除しました。目的の映画をNETFLIXで探しても配信していないケースが多いからです。
 月980円のApple Musicはヘビーユースしているので継続します。


【水道光熱】
 4,5月の支払いに関しては、都内在住時の請求が混在していたり、隠居開始後の使用分についてもフルに1カ月分が反映されたものではなかったりするので、分析が難しいです。
 とはいえ、現在の家では都市ガスよりも割高なプロパンガスを使っています。また、サラリーマン時代よりも在宅時間が圧倒的に長いので、水道・電気代も高くつきそうです。6月の支払いは合計で1万円を超えるかもしれません。


【教養・教育】
 ほとんどが書籍代です。サラリーマン時代は立ち読みで済ませてしまう場合が多かったのですが、今は生活圏内に本屋や図書館がないので、買う機会が増えたかもしれません。
 最近は、中古本を探すのにメルカリを使っています。引っ越し前後で不用品を処分した際の売上金がメルカリポイントとして残っていて、その範囲内で買い物をしているので、メルカリで購入した書籍代は反映されていません。
 対象の電子書籍が読み放題のKindle Unlimited(月980円)は継続します。読みたい本がたまたまKindle Unlimitedの対象であることは稀なのですが、何か調べものをする時などに、有識者が書いたKindle Unlimitedの対象書籍を拾い読みすると参考になるからです。

 また、この記事を書きながら、プログラミング学習サービス「Progate」のサブスクリプション(月1,078円)があったのを思い出して解約しました。サラリーマン時代にプログラミングをかじってみようと契約したものです。隠居とプログラミング学習の相性は良さそうなので契約を残していましたが、現状で学習意欲が起こりません。またやる気になったら再開したいと思います。


【交通費】
 4月は徒歩・ランニング・自転車でしか移動しなかったので、交通費はかかりませんでした。5月の分は、街に繰り出した際のバス・電車代です。


【その他】
 iCloudの有料ストレージ月130円、家計簿アプリ「マネーフォワード」使用料の月480円が含まれますが、この2つは日常的に使っているので継続します。
 保有しているクレジットカード3枚の年会費の支払いが、4,5月に集中して合計4,675円ありました。現在使っていない1枚(年会費1,100円)は解約したいと思います。1枚に絞って2枚解約しても良いかと思いましたが、無職という肩書きでは新たなカード発行が難しいと思うので、念のため2枚残すことにしました。


 家計の見直し自体が後手後手ではありますが、この記事を書いているうちに、NETFLIXとProgateのサブスクリプション解約で月額2,068円の削減に成功しました。

 今後のTodoとしては、
・クレジットカード1枚の解約(平日日中の電話でしか受け付けていませんでした)
・自宅用インターネット回線の見直し
・減酒の継続
 があげられます。

車の購入によってどう変動するか

 「いずれは」と思いつつも、できるだけ先延ばしにしようと思っていた車の購入ですが、当初の想定よりも早く入手することにしました。遠方の実家に定期的に足を運ぶ用事が生じたためです。親がコロナ重症化リスクの高い年齢に差し掛かっているので、実家にウイルスを持ち込まないためにはマイカーによるドアツードアでの移動が最適だと考えました。

 既に中古車ショップで軽自動車の契約を済ませており、6月から保険料・ガソリン代などの維持費が生じることになります。行動範囲が広がることで、娯楽費も増えるかもしれません。

 一方、スーパーへの買い出しが容易になり、図書館にも行きやすくなるなど、生活費を押し下げる効果も見込めます。車の購入によってどれだけの差し引きがあるかは、実際に生活してみないとわからない部分が多いです。

 今の生活を始めたのには「十分過ぎるほどの時間でやりたいことをやる」という想いがあったので、節約に躍起になって「やりたいこと」を我慢する必要はないと思っています。当然ながら、不要と思われる出費は削るべきですが。

隠居にも役立つ家計簿アプリ

 月々の支出や財産の把握には、サラリーマン時代から継続して家計簿アプリの「マネーフォワードME」を利用しています。制限なしのプレミアム会員は月約500円の使用料がかかりますが、その金額を上回る効果を実感しています。

 私は極力、電子決済を利用しているので、クレジットカードや銀行口座をアプリに紐づけておけば、生活で使ったお金が全て自動で家計簿に反映されます。現金決済して金額を手入力するのは、電子マネーが使えないローカルバスの料金くらいでしょうか。

 クレジットカードや銀行口座に身に覚えのない入出金があった場合、すぐに気づくことができるのも魅力だと思っています。

お米(ご飯)は普通の鍋で簡単に美味しく炊ける

私はお米(白ご飯)を普通の鍋で炊いています。

実はこれ、隠居前からの習慣です。サラリーマン時代から炊飯器を持っていませんでした。電子レンジでチンするパックご飯に頼っていたからです。が、コロナ禍で在宅時間が増え、自分で炊いた方が効率的だと思うようになりました。ただ、炊飯器を新調すると出費になるし、置き場所もつくらなくてはいけない・・・。

そこで覚えた「鍋炊きご飯」ですが、意外と、炊飯器とほぼ変わらない手間で美味しく炊けるのです。その方法をご紹介します。

 

 

(1)水に30~60分漬ける

 

炊飯器の場合と同じで、まずお米を水に漬けます。

漬け時間は夏場が30分、冬場が60分くらい。

ちなみに私の持つ内径20cmの鍋で一度に炊けるのは4合が限界です。

 

水の量は、炊飯器のように内釜に目盛りがついていないので計量カップで量る必要があります。

よく言われる「ちょうど良い水の量」が、米1合(体積180cc、重量150g)に対して200ml。

無洗米は重量の1.5倍くらいが丁度良いと言われています。

 

私は無洗米を使っているので、4合(600g)炊く場合の標準的な水の量は「900ml」となりますが、100ml足して「1000ml」で炊いています。

鍋は炊飯器よりも火にかけている間の蒸発量が多い気がするからです。特段、お米を柔らかくしたいわけではありません。

  

適切な水の量は個人の好みや鍋の構造によって変わりますが、まずは一般的な水の量で試しても極端な失敗はしないと思います。

 

(2)中火にかけて、吹きこぼれそうになったら弱火に

f:id:kizenarui:20210513183456j:plain


水に漬けたお米を中火で沸騰させると、吹きこぼれそうになります。その状態になったら、弱火にします。

「吹きこぼれそうになったから火を弱める」という、至ってシンプルな作業です。

 

(3)泡が立たなくなったら火を止める

f:id:kizenarui:20210513184809j:plain

 

お米の隙間からブクブク湧いてくる「泡」が発生しなくなったら、火を止める合図です。写真には泡が映っていますが、これは過去に発生した泡が消えずに残っているだけで、新しい泡は発生していない状態です。

今回は弱火にしてから約13分でこの状態になりました。

 

「おこげ」を作りたい場合は、火を止める前に少しの間だけ強火にすると良いです。おこげの具合は、匂いや「パチパチ」という音で判別することができます。

 

(4)20分蒸らして完成

火を止めて、蓋をしたまま20分ほど放置して蒸らせば完成です。

f:id:kizenarui:20210515182251j:plain

炊き上がったご飯

お茶碗によそったりタッパで保存したりする前にお米を混ぜると、余分な水分が飛び、炊きあがりのムラもなくなるので、より美味しく召し上がれるかと思います。

 

f:id:kizenarui:20210515182319j:plain

「おこげ」の具合も調整できる

今回はブログ用に保守的に炊きましたが、普段はもうちょっと攻めた火加減で「おこげ」を楽しみます。

 

f:id:kizenarui:20210515182831j:plain

 

お椀によそった様子。見た目的にも悪くないと思います。

 

玄米や炊き込みご飯も可能

今まで玄米や炊き込みご飯でも鍋炊きを試しましたが、上手くいきました。特に炊き込みご飯は「おこげ」が美味しいので、おこげの具合を調整しやすい鍋炊きとの相性は良いかもしれません。

基本的な炊き方は白米と一緒です。適切な水の量や漬け時間は素材・料理に応じて当然、異なりますが。

 

おまけ:鍋から目を離せない20分間に何をするか

炊飯器との最も異なる点は、鍋を火にかけている約20分の間、コンロのそばを離れられないことかもしれません。ですが、私はこの20分間が嫌いではありません。

洗い物や別の料理の仕込みといった台所仕事だけでなく、読書や筋トレに励むこともできます。

 

私は同時に2つのことを進めていると妙な充実感を覚えます。例えば新幹線に乗って「移動」というミッションをこなしながら読書をすると、普通に家で読書をするよりも、なんだか充実感がアップします。

鍋を火にかけている約20分間は、まさにそのチャンスなのです。

 

私はよく、ギターを弾きながら歌っています。歌っている間にお米が炊けるなんて素敵ですよね。