アラサー隠居

都心のサラリーマンから田舎の山麓に住む「隠居」に転身したアラサー男が、孤独な生活や持病のIBS(過敏性腸症候群)にちなむ体験談、本などを紹介します。

【読書感想】プロ隠居のノウハウ本「20代で隠居 週休5日の快適生活/大原扁理」

若者の隠居について調べるとまず辿り着くのが、この本の著者である大原扁理さん。20代で隠居を選び、出版当時(2015年)で既に隠居5年目。私のような「にわか隠居」とは一線を画す若年隠居の第一人者、大先輩です。

 

20代で隠居: 週休5日の快適生活

20代で隠居: 週休5日の快適生活

 

 

週休5日の暮らしは「のんべんだらり」としているように思えて、意外と、規律の維持と「幸福の追求」に余念がないように思えました。

朝は普通のサラリーマンと変わらない6時か7時に起床。家賃を含めて月7万円台でやりくりするなかでも食生活を楽しもうと、外でとってきた野草の下ごしらえや調理に手間を惜しみません。「無理はしない」ことを心がけているそうですが。

 

週2日の労働は何をしているかというと、重度身体障がい者の介護で月7、8万円を稼いでいるそうです。また、日々の生活に時間的余裕があるため、体調不良の友人のために食事をつくったり、外国人の部屋探しを手伝ったり、人助けの機会が増えたんだとか。

稼ぎは人より少なくても、お金ではかれない「社会貢献度」は決して低くないように思えます。

 

大原さんが隠居生活に入ったのは、派遣社員やアルバイトとして働いた職場で、過重労働のストレスから仕事仲間に攻撃的になったり、誇らしげに社畜自慢をしたりする人々に疑問を感じたことがきっかけだそうです。

私もこれまで経験した複数のアルバイト先などで、こういった状況を目の当たりにしてきました。明らかに経営者や管理者に改善を要求すべき問題なのに、現場の人間同士で傷つけ合う。社畜自慢も、その人自身が幸せならそれで良いのですが、日本人的な同調圧力は苦手です。

 

しかし現実問題、誰もが大原さんのように、ある種特異な人生選択をできるわけではなさそうです。

大原さんは稼ぎが少ないからといって人間としての能力が低いわけではなく、むしろコミュニケーション能力や生活力は平均より高そうです。それは隠居前に海外放浪した際、現地の外国人たちと仲良くなって「なりゆき」でロンドンに住み着いたエピソードなどからも伺えます。

 

隠居初心者の私としては、重曹が洗剤としてオールマイティに使えることなどが具体的ノウハウとして参考になりました。

また、大原さんが隠居する前の3年間の引きこもり生活中、失語症になりかけたというエピソードには危機感を頂きました。私は歌を歌ったり、文章の勉強がてら本を音読したりすることで「喋る」行為を忘れないよう心がけています。ただ、失語症になりかけた当時の大原さんも、バイトの接客言葉は問題なく言えたそうで。どうも、予め用意された定型文を口にするのと、自分の頭の中の考えを「話す」ことは違うらしいです。

 

一言に隠居といっても色々なかたちがありますが、大原さんの場合は、生活に必要な最低限の収入を維持する「セミリタイア型」といえそうです。

 

「伊達や酔狂で隠居はできません」ーー。先輩隠居の言葉は重いです。

 

20代で隠居: 週休5日の快適生活

20代で隠居: 週休5日の快適生活