アラサー隠居

バンライフ、旅、持病のIBS(過敏性腸症候群)、読んだ本などについて

旅、はじめました。

 12月中旬から、かねてから憧れていたバンライファー(vanlifer)、つまり車のバンに住む人間となり、旅をはじめました。山麓での隠居じみた生活は終えました。

 

 旅は、車に住んでいるにもかかわらず、基本的に「自分の脚で移動する」という、少し奇妙な方法をとっています。出発地(A)に車を置いて、その日の目的地(B)まで自分の脚で走る。目的地(B)に着いたら電車やバスなどの公共交通機関で出発地(A)に戻り、翌日、前日の目的地(B)から次の目的地(C)まで走る、というのを繰り返す作業になります。

 

 11月下旬からジョギングに熱心に取り組むようになったのですが、これが肉体的にも精神的にもかなり良い方向へ作用しているので、バンライファーになった後も継続したいと考えていました。また、10月中旬に試行的に車中泊旅を行った際、「運動不足」と「車だと移動能力が高いので、つい先を急ぎすぎてしまう」ことが課題にあがりました。1日の移動距離を「自分の脚で走れる距離」に制限することで、前述の課題をクリアできるのではないかと。さらに、「道」を自らの足で踏んでいくことで、車では見逃してしまいそうなその土地の生活や風景、あるいは、車がなかった時代に徒歩で旅をしていた先人たちの息づかいが感じられるのではないかと考えました。

 

 四国遍路八十八ヶ所めぐりをしてみたい気持ちがありますので、当面は、静岡県の御殿場から、徳島県へとつながる和歌山市のフェリー乗り場を目指す旅になります。なぜ出発地を御殿場にしたかというと、会社員時代に、都内の自宅から御殿場までの約120kmを4日間で走破したことがあるからです。当時、仕事やプライベートで悩みを抱え、自分が一体何をしたいのかわからなくなった私は、年末年始の連休を利用して、この無茶な旅を思いつきました。今回の御殿場から四国を目指す旅は、前回のランニング旅の続きのような感覚でもあります。

 

 旅の開始に伴い、YouTubeVlog的なチャンネルをオープンしました。

 

youtu.be

 

 私は動画制作というものに全くの不慣れでありまして、動画では紹介しきれないことも多いので、このブログも動画とは別コンテンツとして更新していきたいと考えています。ブログタイトルも「アラサー隠居」で継続します。水戸黄門が「ご隠居さま」と呼ばれながら旅をしたように、旅をしていても仕事・職業から離れている限りは「隠居」には変わりないと思うので。

 

 何卒、よろしくお願い致します。