アラサー隠居

バンライフ、旅、持病のIBS(過敏性腸症候群)、読んだ本などについて

モナシュ大のFODMAPオンラインコースを受講します

  今まで和書の拾い読みで付け焼き刃的に勉強していたFODMAPについて知識を深めるため、FODMAPを発見した豪モナシュ大学が提供するIBS過敏性腸症候群)患者向けオンラインコースhttps://www.monashfodmap.com/online-training/patients-course/)を受講することにしました。受講料は29.99米ドル(2022年1月16日時点のレートで3,427円)です。

 

   まだ、無料トライアルのModule 1と、有料範囲のModule 2の一部しか履修していませんが、講義説明に”We simply teach you in plain English”とあるように、資格としては10年以上前に英検2級(高校卒業レベル)を取得したきりの私でも苦なく読み進めることができました。簡易でわかりやすい文法で書かれているので、わからない単語が出てきても、その意味さえ調べれば理解できる感じです。

 

 有識者などがテキストを捕捉する動画コンテンツもあるのですが、私はリーディングよりリスニングが不得意なので音声字幕が欲しいと感じました。動画のアップロード先としてVimeoとYouTubeが混在しており、YouTubeの方は字幕表示が可能です。Vimeoも私が使いこなせていないだけで、できるのかもしれませんが。ただ、動画はテキストを補うような位置付けですし、何度も再生できるので、字幕なしでもなんとかなりそうです。

 

 同講義に興味があるものの、有料、あるいは言語が英語ということで受講をためらっているIBS患者の方がいらっしゃるかもしれません。講義内容の転載はできませんが、他のIBS患者の方の参考になればと、今後、受講した感想をこちらのブログに書いていきたいと思います。